沿革

1974年

創業者 幡中千秋が幡中金網製作所として溶接金網の製造開始

1981年

資本金 1,000万円で、有限会社 幡中金網を設立

1995年

島田雄治が入社 専務取締役に就任

1997年

本社第2工場を増設

1998年

コンクリート二次製品用 自動曲げ機を導入

1999年

コンクリート二次製品用 マルチ溶接機を導入

住宅基礎鉄筋ユニット用 溶接機を導入

2005年

マルチ溶接機を導入

2008年

代表取締役社長 幡中千秋が取締役会長に就任

専務取締役 島田雄治が代表取締役社長に就任

JIS G 3551 認証を取得

2012年

住宅基礎鉄筋ユニット用 溶接機を全強度溶接仕様に改造

2013年

全強度対応マルチ溶接機を導入

日本ミレニアムベース協会に加入

財団法人 日本建築センター BCJ評定認証を取得

2016年

全強度対応マルチ溶接機を追加導入

鉄筋自動切断機を導入

2017年

鉄筋自動切断機を追加導入

2018年

高精度自動曲げ機を追加導入

2019年

瀬戸内工場新設